Diary(的)

「人生、一寸先は海」(じゃぶじゃぶ...)

ヒマワリが、咲いていた 2007年07月02日(月)

  22,257 byte土曜日のDaisy'sCafe、
あの雨の中ご来場頂いた皆様には感謝です。
ありがとうございました。
本当に意外な顔ぶれだったので、
驚きと嬉しみが混ざった不思議な夜でした。
わざわざ書き込みしてくれたハットもありがとう。
またよろしくお願いします。


そう、その話しを最初に聞かせてくれたのはギタースクールの生徒さんだった。
俺が前に住んでいた家の、焼けたその跡へ行って来たら、
更地になったそこかしこに大きなヒマワリが咲いていたと言う。
なんでヒマワリなのかねぇ誰かが植えたのかなぁ
なんて話しをしている最中に、ふと思ったのです。


幸い怪我人の出なかったあの火災ではありますが、
唯一の犠牲者となったのは俺の部屋にいた二匹のスナネズミ。
消防隊の方の話しでは恐らく煙りが回った時点で
もう生きてはいなかったんだろうと言う事だった。
俺が二階の自分の部屋へ駆け上がった時には既に
部屋中に煙が充満しておりとても入れる状態ではなかったのです。
一番無力なものが、最初に犠牲になってしまう。
悲しくて悔しいけれど、それが現実でした。


常日頃からネズミのエサだけは切らさないようにと、
二袋か三袋、エサのストックをしてあったんです。
当然すべてが真っ黒焦げの現場から、
そのネズミのエサを持ち出しているはずもなく、
そのまんま家は解体されたはずなんですが、


もしや、


あのヒマワリはそのエサの中に入っていたヒマワリの種が、
家を解体した際に敷地内にまんべんなくバラまかれ、
発芽して育って、とうとう花が咲いてしまったんじゃないか、と。


まぁ事の真相はね、知る由もないわけですが、
どうしてもそうじゃないかという気がしたわけです。
過ぎた事とはいえ気が滅入るのは避けられないので、
近所なんですがあまり行きたくなかったんですね、やっぱり。
でも、そのヒマワリをどうしても見たくて、
火事から四ヶ月経った現場へ行って来ました。


もう咲き終わろうかという紫陽花に溢れる鎌倉に、
こんなに大きなヒマワリが、本当に咲いていたんです。
まるでそれは、夢の中の景色の様。
そっと手を合わせながら
安らかに眠ってね、今まで本当にありがとね。
心の中で、そう話しかけて帰って来ました。


あぁ、もう夏が、来ているんですねぇ。
 

様々なドラマを含んだ情景としての空港、その一部として存在する個としてのじぶ..... 2007年06月29日(金)

  14,666 byteタイトルが、長いね
危うく文章書き始める所だった。

でも時々携帯のメールでも
間違って件名のところに本文打っちゃったような
そんなのが送られてきたり、しません?

あれは、読み難いしょ(笑)


ま、それはともかく
本日のはじまりは羽田エアポート。
am08;55、いつもは暖かい沼のような眠りに包まれている時間。
思えばここ一年、やたらと羽田に縁があるような。
自分が乗るのもそうですが、
誰かを迎えに行ったり、
誰かを送りに行ったり。

今日は展望ラウンジに登り
次々に離陸する飛行機達を見送ってみました。

だけど問題なのは
自分が見送っている人が
どれに乗っているのかが、分からないこと(笑)


もっと色んな模様にそれぞれを塗ってくれたら分かりやすいのにね。
ロバ号、とか。
シマウマ号、とか。
シュモクザメ2号、とか。


でも、あれですね
どんなに小さな旅立ちでも
このシチュエーションは
郷愁漂う、不思議な雰囲気です。

さぁ明日はホームグラウンド、
Daisy'sでライブです。
このところバックでギターを弾く仕事が続いたので
自分名義のライブは久し振りな感じ。






とにかく酔わないように、

しようっと。
 

宿泊帳 2007年06月28日(木)

  158,422 byte結局翌朝うんともすんとも言わなかった
昨日の目覚ましiMacのせいで
かなり遅刻すれすれのスタートを切ったこの日、
伊太地山弦楽団のチェリスト、
蒲谷君がお泊まりでやってきました。
真剣な眼差しで探しているのは、
次の引っ越し先。
只今インターネットの住宅情報に夢中です(笑)
 

新着 2007年06月25日(月)

  155,036 byteiMacのふりした

目覚まし時計(笑)



ちゃんと鳴るのかな?
 

深夜のコーヒーショップ 2007年06月23日(土)

  23,781 byte真夜中だというのに

どうしても挽きたての豆で

いれたばっかりのコーヒーを




飲みたくなってしまうのです。



手順を踏むと

飲みたくなってから

飲めるまでの所要時間は

およそ三十分。



でもね、美味い!

今日は風邪っぽくて午後中うとうとしてたので
これから少し作業です。
今から開店です。
 

宿泊帳 2007年06月21日(木)

  37,152 byte浜松から伝兵衛堂様御一行宿泊中です。

っていうか、家に帰って来たら
すでに二人は部屋の中でくつろいでいたと言う......

なんだか二十歳の頃に住んでたアパートみたいな雰囲気になってきた(笑)
あの頃は部屋の鍵なんか開けっ放しだったもんなぁ。
 

134→135→136 2007年06月18日(月)

  136,825 byte週末、亡くなった友人の三回忌に合わせての
お墓参りツーリングに行って来ました。
場所は西伊豆、伊豆市の山の中。
土曜日に雲見という所にあるキャンプ場に集合、
一泊して翌日彼女が眠るお寺まで走ってお墓参り。

彼女とは単に車のクラブの知り合いと言うだけでなく、
結婚式にも唄いに行ったりしていた俺は当然ギター持参です。
火事の時、物凄い早さで募金を集めてくれた大阪の仲間や、
何度も会っていないのに募金に参加してくれた彼女の旦那さんや、
とにかく久し振りに会うみんなの前で、唄うのです。
彼女の好きだった歌を、唄うのです。

鎌倉から伊豆方面へ向かうと海沿いの国道を三本、
134号、135号、136号と走り継ぎながら行かれます。
こんなにみっちりと海沿いを走ったのは初めてで、
伊豆半島の奥深さを改めて思い知らされました。
途中熱海に居る古い友人にも会うことが出来て、
最短距離ではないにせよ、俺にとっては実りの多い道のり。
まるで、そう、人生(笑)

亡くなってしまった彼女はもういないのだけれど、
生きている僕らにこうやって集まる機会を与えてくれている。
僕らの心の中にはまだ彼女がちゃんと居るんだなぁって、
不思議な気持ちになったりして。
生きている人間だってこんな風に人を結びつけるのは、
なかなか難しいじゃないですか。

しみじみと、素敵な人だったんだなぁと思います、彼女。
生前はこのサイトのBBSでも大活躍だった。
出来れば毎年こんな風に笑顔で会いに行けたら良いなぁ。
必ずまた会いに行くからね、Vanbi!
 

ご心配おかけしております-2 2007年06月13日(水)

  54,785 byte全く、やっとネットに繋がったかと思いきや、
再開後のちゃんとしたお知らせが
こんな話しで良いのだろうかとも思いますが、
どうやら多方面に心配をかけてしまったようなので、
一応の報告をしたいと思います、ハイ。

実は二月の頭に我が家が火事で全焼してしまいまして、
今は新たなファクトリーでコレを書いているわけです。
やっと引っ越しも片付き、回線工事が終わり電話が入り、
何とか救出したデータを取り込んだMacを立ち上げ、
ようやくこの場で報告が出来る体制になりました。
幸わいにも火事による怪我人はおらず、
燃えたのも自分が住んでいた一軒家のみなので、
御近所にも大きな迷惑はかけずに済みました。
簡単に言っちゃえばある夜帰ってみると家が燃えていたという....

その家は三人でシェアして住んでいたのですが、
マイク(アメリカ人)が暮らす一階の部屋の通風口から、
もやもやと火が出ているのを見つけ通報するわけです。
で、消防車なんかが沢山来て消火活動をしてくれたのですが、
終わってみれば二階の俺の部屋が一番良く燃えており、
最大の被害現場になっていたらしい。

原因は電気の線がショートして壁に引火したらしいのですが、
そんなことはともかく、洋服からCDから本からギターから、
部屋にあったものは何から何までみ〜んな燃えちゃいましたぁ。
正直、あららら参ったなぁとは思いましたが、
この時すでにどこかスッキリしている自分も居たりして(笑)。
その後色んな方が色んな救援物資を届けて下さり、
しかも洋服なんて今までよりもお洒落なものばっかりだったりして、
意外にも明るいり災者生活をしていました。
車の倶楽部の人達やミュージシャンの仲間達が募ってくれた募金には
ここに移るまでの間、本当に助けられました。
この場を借りて心からお礼を言いたいと思います。
みんな、本当にありがとう!!!

さて、カウンターがリセットされていたりBBSが止まっていたのは
CGIを置いていたacousticcamp.comのサーバーがね、
迷惑メールでパンクしていたためでした。
受信出来なかったからね、まぁ仕方がないです。
とは言えみんなが書き込んでくれた記事が消えてしまったのは
本当に申し訳なく思います。スマンです、ゴメンです。

サイトとは関係なくなんとか普段通りに唄っては居たのですが、
ここを頼りにしている方には本当にご心配おかけしました。
これでなんとかスケジュールの更新も出来そうだし、
夏にかけて参加する新しいバンドの事もお知らせ出来そうだし、
HP自体も少し手を入れ直そうと思っていますので、
これからも今まで通りりゅーまろ.comをよろしくお願いします。
今週は伊豆方面へプライベートパーティーに唄いに行き、
月末には地元Daisy's Cafeでのライブもあります。
新機材導入のファクトリーも動き始めました。
色々お知らせしたいことが溜まっているので
まめに書ければいいなぁと思います。
さぁ、これからリスタート!
 

ご心配おかけしております 2007年05月11日(金)

  99,530 byteサイトのスケジュールが全く更新出来ないので、



「死んだ、のか?」


と心配されている方も多いかと思いますが、
とりあえず近辺のライブ告知を。


5/13 鎌倉Daisy'sCafe
5/20 金沢文庫TheRoad&TheSky

唄っています。大丈夫です。
五月の末には詳しい報告が出来ると思います。
画像は火事現場から奇跡的に救出され、
見事に復活を遂げたカジキャスター(笑)
 

深く、濃く、 2006年12月01日(金)

  24,745 byteそしてあっという間だった十一月が終わりました。
やっとのんびり部屋に居ます。
名古屋で年明けを迎えた今年、
何度か西の方面へ出掛けて行く事が出来、
その街のその場所へもう一度自分の足で行く事。
そんな年内の目標を密かに掲げていたのですが、
今回のツアーはそんな目標を達成する意味もあり、
そんなことが実現出来るのかという挑戦でもあり、
自分にとって色んな意味を含んだ2006年の大きな山場だったと思います。

・大阪、ロック食堂
今回のスタートは大阪からでした。
途中車のオイルと冷却水が空になると言うトラブルを乗り越え、
約七時間のドライブの末大阪へ辿り着きます。
誰に聞いても大阪の客はシビアと聞かされて妙に力んでいたのですが、
会場には二十年来の友達が沢山集まってくれて大感謝!
調子に乗った俺はかなり予定外に盛り上がってしまい、
計算不能なメニューに突入したりしてハッピーな初日を迎える事が出来ました。
美味しいカレーを食べさせてもらったり、昔話しに花を咲かせたり、
あぁこんな風にみんなに会えるのってサイコージャン、なんて思ったりして。
ブッキングしてくれたペッカーさん、日の丸親分、社長、生さん、自転車くん、
そしてお店のミゾグチさん、ありがとうです。


ライブ終了後、三重県に向かうが途中で力尽き、
亀山SAにて牛丼を喰らい車で眠る。ちょっと寒かった。
翌朝十時頃に目を覚まし走り出すとすぐ次のインターが鈴鹿だった。
もうちょっと頑張れば良かったのに。


・三重、エッセンティア
ここは鈴鹿サーキットのすぐそばにあるケーキ屋さん。
当然普段はライブなんてやっていないお店なのですが、
今回は無理矢理演らせて貰っちゃいました。
近所の奥さんやおばあちゃんまで巻き込んでの一夜、
またしても計算外に盛り上がる俺は喉を枯らして唄いました。
ライブ後もケーキ屋坂田家の家族の皆さんに夕飯をご馳走になり、
お父さんとは車の話しや気の流れの話しで盛り上がってしまい、
これまた予定外の長居をしてしまいます。
そんな話しの中、今回どうしてここに寄る事になったのか、
その理由が自分なりに見えて来たりしてスゴく面白かった。
昼間見に行った白い砂の海岸も綺麗だったし、
素材にこだわり抜いたオーガニックケーキは
とんでもなく美味かったし、是非また寄らせて頂きたいお店が出来ました。
お米の粉で作ったシュークリーム、ヤバいです、未体験ゾーン。
坂田家の皆さん、ほんとにありがとうでした。


その夜とっくに神戸入りしているはずの十時半に鈴鹿を出発(笑)、
途中声がほとんど出なくなって来たので蜂蜜を購入し、
チューチュー吸いながら阪神高速を走る。
イベント会場には前日準備のために集まっているスタッフの面々が、
深夜にも関わらず鍋を作り盛り上がっている。十一月の夜空の下、である。
でも大阪のライブに来てくれたみんなもいて俺もついつい輪に加わってしまう。
明け方四時頃やっと車に戻り眠るが、準備のため六時にすぐ起こされる。
よく考えたら俺もイベントスタッフの一人だったのだった。


・神戸、FESTA360
HONDAステップバンオーナーズクラブ、LOVESTEP主催のイベント。
この日神戸に360ccの軽自動車が全国から集まって来る。
元ステップバンオーナーの俺はそのイベントの中で唄わせてもらうわけです。
この会場には十年振り、今回はポツダム巨人軍と二組で演りました。
三日目にして喉を潰してしまった感じでライブはもう精一杯って感じ。
余裕のよの字もない出尽くした状態で唄い終えました。
P.Aで来てくれていたのはAcousticCampでもお馴染みのガンちゃん、
ハラハラしたよって言ってましたが俺もかなりハラハラしてました。
でもこの日は本当に沢山の友達に会えて嬉しかったなぁ。
テントウ虫乗りの高校の同級生にばったり会えたり、
何年も会っていなかった九州チームや関西方面の友達にも会えた。
みんなから沢山元気をもらった気がしました。
主催のペッカーさんはじめ、スタッフの皆さん、
アブちゃん、ユキちゃん、まきちゃん、お疲れ様でした。
ホテルのシャワーを使わせてくれた千葉の上田君、本当に助かった。


新神戸駅までガンちゃんを送り再び阪神高速へ。
ところが山陽自動車道への乗り換えをしくじり、
大きく遠回りする羽目になる。
その夜のうちに九州入りするつもりだったが全然無理。
山陽道福山SAで力尽き、尾道ラ−メンを喰らい撃沈。
車内で熟睡後、翌朝タコ天うどんを食べて出発。


・熊本ブレーカーズカフェ
熊本ではChasin'DragonのShuさん宅にどっぷりお世話になります。
泊めてもらった上に温泉行ったり、温泉行ったり、温泉行ったり(笑)。
この会場は地元の東田トモヒロ君、東京からりぶさんも来ていて大賑わいでした。
俺のライブも途中東田君とりぶさんの江口さんが加わり馬鹿みたいに盛り上がる。
もうこの辺からこのツアーはこの調子で行こうと腹をくくります。
お店の雰囲気も大好きなザクッとした感じ、コーヒーも美味かったし。
まるで家の近所みたいにくつろいじゃったなぁ。
しかし熊本における東田君の人気はスゴい!
何人かお話したお客さんはみ〜んな東田君目当てだったみたいなんだけど、
そんな人達が最後まで楽しんでくれていたのがとても嬉しかった。
オーナーの山川さん、また是非演らせて下さいね。

・熊本ヤムヤムトゥリー
ベンちゃんがやっているマンションの一室を改造したバー。
と言ってもベンちゃんとは初対面だったのですが、早速かなり馴染んでしまいます。
もう温泉でふにゃふにゃにリラックスし過ぎな感じもしたのですが、
大好きなお客さんと至近距離での会場と言うこともあり、
酔いどれながら、弦を切りながら、またもや絞りきりライブ。
気が付くと隣りではChasin'DragonのMahyouちゃんがコーラス、
そうゆうのがまたとても自然な雰囲気で良かったです。
このお店、ベンちゃんの作るホルモン焼きなんてこれがもう絶品でして、
二日続けて食べちゃったもんね、俺。あれならいくらでも喰える。
商店街で食べたラーメンも美味しかったし、
Shuさんの手料理がまたその見た目からは信じられないくらい美味い。
なにしろShuさん、Mahyouちゃん、リョク&ハオン、
何日もお世話になりました。またよろしくお願いします。


熊本から大分へ移動する時に国道で阿蘇山を通り過ぎる。
沈みかけた太陽に、一面のススキが黄金色に光っていた。
何処までも、何処までも。
この阿蘇の景色は本当に素敵だった。
何度も車を停めて外へ出て、ただボーッと眺めてしまう程。
そのせいで大分入りが予定より大幅に遅れてしまう。
まぁ移動日だったので誰にも迷惑はかかりませんでしたが。


・大分リバティー
二度目のリバティー、ここも大好きな感じのお店です。
Mr.リバーフィールドさんと、前回知り合った井上りょう君が迎えてくれました。
不思議なもんでこの辺りにくると何故かホッとしたりする程、
アウェー感が薄いんですね、すでに大分は。
それはみんなの人柄なのかも知れないし、俺の図々しさかも知れないし。
とにかくどこかホームへ帰って来た様な気すらしてしまうのです。
ここにいる人に、会いに来る。
そんな暖かい気持ちで迎える街が、出来た。
そして約束通りここへ帰ってくることが出来た。
この会場ではずっとそんな気持ちで居ました。
挙げ句にあろうことかビールを飲んじゃって別府の宿まで送ってもらっちゃったり。
ママさん、怜子ちゃん、別府まで運転してくれた奈穂美ちゃん、
どうもありがとうでした。また行きます。

・別府博堂村
ココもね、唄うのは二度目なんですが、
いきなり電話してジャンベのヒロシ君に来てもらい、
ふたりでセッションしながら演ることになります。
こうやって一緒に演れるミュージシャンが居てくれたりするとね、
もう完全にホームな感じ、帰って来ましたって感じなのです。
集客を気遣ってくれたマスター&ママさんが、
シャワー、ネジゴンという地元の方々とブッキングしてくれました。
歌を聞いてもらえるような出番を考えてくれていたり、
本当に気を使ってもらっているのをヒシヒシと感じます、感謝です。
俺みたいなメジャー契約もないイチ歌唄いが、
いきなりツアーですって他所の街へ出掛けて行ったところでね、
お客さんが集まるわけも無いんです、正直なところ。
そんな状況を応援してくれている気持ちが、本当に嬉しかった。
いつかソロで演れるように、ならないとね、
気持ちに応えないと。そう思います。そうなります。
大分、特にこの別府の街は、俺にとって知らない場所じゃあない。
そんな風に思います。



ツアー最終地福岡へ向かう前にお気に入りの竹瓦温泉へ入る。
別府に来たからにはここへ行かなきゃねというのと、
そうでもしないと時間が余ってしまう、
というのがその理由半分ずつ。
別府福岡間は高速で二時間位の短い移動なので、
待ち合わせの時間につけるよう調整しながらのんびり走る。
湯布院を横切る辺りの景色はさすがに雄大である。
でもいつになったら湯布院の温泉に入れるのだろうか?
今回も見事に通過する。


・福岡、某所
お店の名前、聞くの忘れちゃいました(笑)
なにしろ急遽決まったこの福岡なんです。
もう何年も前から旧友大神兄弟がおいでよ!って言ってくれてたんですが、
今回やっと訪ねることができるこの福岡。
annie&ottoの大神家へ泊めてもらいます。
何でも近所のバレー大会の打ち上げがあるらしく、
それじゃあそこで唄っちゃおうよとライブを演らせてもらうことに。
これが生ギター一本の身軽さです。どこでも演れるんです、演るんです。
しかしてこのお店でのミニライブ、「ともだち」で大合唱になったり
ビートルズナンバーで踊ってしまったり、いやぁ盛り上がって良かった。
来た甲斐が無いもんね、盛り上げないと(笑)
annie&ottoに街を案内してもらいながらラーメン食べたり、
ガレージにしまってあるカスタムカーを見せてもらったり、
何故か空港の滑走路へ降りて来る飛行機を見に行ったり。
とても一泊じゃ足りない感じなのでまた遊びに行くことになりそうです、福岡。
大神家の皆さん、その節はまたよろしくお願いします。ありがとうでした!



ほんとは地元でのファイナルと月末のチャリティーツアーの事もね、
書くつもりだったんだけど、長過ぎた(笑)
次回サラッとお伝えするつもりです。
が、今月は今月で12/5宮古島ライブで幕をあけます。
この模様もお楽しみに!
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -